医学部予備校に佳代い始めるベストな時期はいつだろうか

注意したいのは目標に合わせて勉強すると言うこと

注意したいのは目標に合わせて勉強すると言うこと / 春の時期は基礎を徹底的に理解する時間に費やします / 医学部受験のための予備校は3年生の春位には通い始める方が無難

どの学部を受験するのにも関係してくる話ですが、基本出的に受験を突破する為にはしっかりとスケジュールを立てる事が必要です。
まずは入試の日はいつごろか、さらにその時に自分の学力を最大限に高めて置く必要があるので、まずは計画的にコツコツと行えるように計画を立てるようにします。
注意したいのは、勉強すれば何でもOKと言う訳ではなく、目標を設定し、その目標に合わせて勉強すると言うことです。
また、無理な計画は計画を立てただけで終わってしまう事も珍しくありません。
まずは計画通りに勉強を進められるようにしておく事も重要です。
ただ、自分だけでスケジュールを立てたとしても、なかなかそれが効率的なのか、さらに医学部受験に適しているかどうかと言う事はなかなか分かりません。
そこで便利なのが予備校等の利用です。
学校での学習以外だけでは不足している所を補ってもらう事が出来るだけでなく、実際に受験に合格する為のサポートを受ける事が出来るからです。
したがって、医学部を受験すると決めたら、それと同時に予備校も決める方が良いでしょう。
現在、医学部受験はかなり激しいものとなっており、その競争率も高くなっています。
そのため、わずかな点数の差で不合格となってしまう事も決して珍しくありません。
では、多くの人が受験する中、自分が合格する為にはどうすれば良いでしょうか。
まず最初に必要なのは、自分が今どれ位の実力があるかという事を把握する事です。

東大理系の女子比率を上げたかったら
1. 自衛隊の給与を3倍にして防衛大の偏差値を爆上げし、男の東大受験者を減らす。

2. 医学部を大学院だけにして他の理系学部に医学部受験予備校の役割を負わせる。

3. 数学の問題を簡単にする。

これ以外方法はありません。
そして無意味です。

— 文系は糞bot.vier (@bunkeiholocaust) 2018年11月16日